漢字文化圏のいろいろな書道



著訳者名稲葉茂勝 著 /こどもくらぶ 編
副題
書名ヨミカンジブンカケンノイロイロナショドウ
仕様/ページ数A4変判/上製/32ページ
定価2,700円+税
ISBN978-4-7791-5028-9
出版年月日2015/11/24


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

漢字は日本だけのものではありません。もともとは中国のもので、それが日本に伝わってそのまま使われるだけでなく、ひらがなやカタカナなどの独自の文字がつくられるに至りました。第3巻では、こうした日本の文字の歴史を、図版や写真をまじえてくわしく解説!! 

目次

1 漢字のはじまり
2 書体のうつりかわり
コラム:なんともふしぎなトンパ文字
3 中国の書道と書家
4 日本の文字の歴史
5 漢字文化圏の文字いろいろ
コラム:紙・筆と墨
6 モンゴル書道
7 ベトナム書道
8 ハングルってなに?
9 ハングル書道に挑戦!
コラム:日本の書道の無形文化遺産登録への道
さくいん

著者プロフィール

稲葉 茂勝(イナバ シゲカツ) (著)
1953 年東京生まれ。東京外国語大学卒。
編集者として担当した書籍は
まもなく1000 冊に達する。そのあいまに
著述活動もおこなってきている。
おもな著書は、『大人のための世界の
「なぞなぞ」』『世界史を変えた「暗号」
の謎』(ともに青春出版社)、
『世界のあいさつことば』(今人舎)、
「世界のなかの日本語」シリーズ
1、2、3、6巻、
『世界の文字と言葉入門 9.
英語圏の文字と言葉』(ともに小峰書店)など。

こどもくらぶ (編)
あそび・教育・福祉分野で、子どもに関する書籍を
企画・編集しているエヌ・アンド・エス企画編集室の愛称。
図書館用書籍として、毎年10 ~ 20 シリーズを
企画・編集している。これまでの作品は1000 タイトルを超す。