戦争・革命・テロの連鎖

著訳者名 川上 泰徳/著
副題 中東危機を読む
書名ヨミ センソウカクメイテロノレンサ
仕様/ページ数 四六判/並製/249ページ
定価 2,200円+税
ISBN 978-4-7791-2810-3
出版年月日 2022/3/22

 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

内容紹介

10年ごとに繰り返される中東の機器噴出の構図と矛盾の正体

1994年から20年間、中東各地に駐在し、2003年:イラク戦争、2011年:アラブの春、2014年:イスラム国(IS)の出現に遭遇したジャーナリストが読む中東情勢。

目次

第1章 繰り返される中東危機

第2章 危機の前にパレスチナが動く

第3章 噴出した若者パワーの行方

第4章 ムスリム同胞団は復活するのか

第5章 イラン・イスラエルの”戦争”は激化するか

第6章 「イスラム国」再来の可能性とスンニ派の受難

第7章 イスラエルとアラブ国交正常化

第8章 中東分裂の構図

第9章 「対テロ戦争」が生む難民危機

第10章 コロナ禍で増幅する矛盾

著者プロフィール

川上 泰徳/著(カワカミヤスノリ)
ジャーナリスト
1956年、長崎生まれ。大阪外国語大学(現:大阪大学外国語学部)卒業、1981年に朝日新聞社入社。
2015年退社後、フリーランスとなりエジプトに取材拠点を置き中東取材を行う。