[増補改訂版]浪曲論

著訳者名稲田和浩 著
副題
書名ヨミゾウホカイテイバン ロウキョクロン
仕様/ページ数四六判/並製/264ページ
定価2,000円+税
ISBN978-4-7791-2816-5
出版年月日2022年4月18日
 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

内容紹介

これぞ浪曲論の決定版!
「バカは死ななきゃ治らない!」
ラジオで聴いた名調子、明治から昭和初期まで大衆芸能の玉座に
君臨した浪曲。代表的な作品を通して世に知られた主題を論じ、
その隆盛と衰退の要因を徹底的に分析。本書は2013年刊行の
『浪曲論』の改訂版。
2015年、惜しまれつつ死去した浪曲師・国本武春をめぐる論考を増補。
没後7年、国本武春を追善す!

目次

はじめに

増補改訂版まえがき

第一章 浪曲論

 一 浪曲の衰退の理由

 二 浪曲と浪花節はどう違うか?

 三 素人浪曲と銭湯の関係

 四 正岡容と浪曲

 五 ネタ数が少ない浪曲師について

第二章 浪曲作品論

 一 義士伝

 二 安中草三郎

 三 紺屋高尾

 四 清水次郎長伝

 五 天保水滸伝

 六 佐渡情話

 七 壷坂霊験記

 八 天保六花撰

 九 杉野兵曹長の妻

 十 乃木将軍伝

 十一 野狐三次

 十二 唄入り観音経

 十三 佐倉義民伝

 十四 唐人お吉

 十五 父帰る

 十六 英国密航

 十七 芝浜の革財布

 十八 浪花節じいさん

お仲入り

 木馬亭人名録

第三章 浪曲におけるテーマとは何か

 一 義理・人情を語る

 二 なにがなにして

 三 浪曲とは何か

増補改訂版のための追記

 一 国本武春が残したもの

 二 新作浪曲のいま

浪曲関係者人名録

参考文献

あとがき

増補改訂版あとがき

著者プロフィール

1960年東京生まれ。演芸作家、落語評論家。日本脚本家連盟、社団法人日本放送作家協会所属。民族芸能を守る会相談役。作者部屋(歌舞伎作家のこと)同人。日本大学芸術学部演劇学科卒業。タウン誌記者、コピーライターなど、1986年頃より作家活動。演芸(落語、講談、浪曲、漫才)の台本、邦楽(長唄、新内、琵琶など)の作詞、演劇の脚本、演出など。2019年には初となる時代小説を上梓。主な著書には『食べる落語 いろはうまいもんづくし』『恋する落語 男と女のいろはづくし』『落語からわかる江戸の恋 (いろは落語づくし)』『落語からわかる江戸の旅(いろは落語づくし)』『昭和の名人 この一席』(教育評論社)『落語が教えてくれる生活の知恵30』(明治書院)『落語に学ぶ大人の極意』『水滸伝に学ぶ組織のオキテ』『江戸落語で知る四季のご馳走』『江戸のいろごと 落語で知る男と女』(平凡社新書)『そんな夢をあともう少し 千住のおひろ花便り』『女の厄払い 千住のおひろ花便り』『豪傑 岩見重太郎』(祥伝社文庫)『おやこで楽しむ講談入門』『おやこで楽しむ講談ドリル』(宝井琴星監修、彩流社)『落語 演目・用語事典』(稲田和浩編、日外アソシエーツ)等多数ある。