Harriet Beecher Stowe and Antislavery Literature

著訳者名 Keiko Noguchi 著
副題 Another American Renaissance
書名ヨミ  
仕様/ページ数 A5判/上製/344ページ
定価 5,000円+税
ISBN 978-4-7791-2812-7
出版年月日 2022/3/7
 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

ストーの『アンクル・トムの小屋』(1852)を中心に、アメリカ文学における反奴隷制文学の系譜を考察。
19世紀半ばのルネサンス期に隆盛を迎えた「反奴隷制文学」の萌芽を18世紀に見出し、ストーと同時代の作家・作品から、アメリカ現代文学の始まり『ハックルベリ・フィンの冒険』までを検証する。

《全文英文》

目次

IntroductionPart I : Precursors of Antislavery Literature
Chapter 1 David Walker’s Appeal: The Emergence of Antislavery Literature
Chapter 2 Richard Hildreth’s The Slave; or, Memoirs of Archy Moore: A Precursory Antislavery Novel
Part II : Harriet Beecher Stowe and Her Antislavery Novels
Chapter 3 Uncle Tom’s Cabin and Women’s Power of Sentiments Based on Christianity
Chapter 4 Uncle Tom’s Cabin and Slave Narratives
Chapter 5 Dred: Legal Exploration in a Sentimental Novel
Chapter 6 The Minister’s Wooing: Slavery in a Historical Novel
Part III: Antislavery Literature after Uncle Tom’s Cabin
Chapter 7 Harriet Beecher Stowe and Abraham Lincoln
Chapter 8 William Wells Brown’s Clotel; or, The President’s Daughter
Chapter 9 Frederick Douglass’s My Bondage and My Freedom
Chapter 10 Herman Melville’s “Benito Cereno”
Chapter 11 Harriet E. Wilson’s Our Nig
Chapter 12 Harriet Jacobs’s Incidents in the Life of a Slave Girl
Part IV: Antislavery Literature after the Civil War
Chapter 13 Lydia Maria Child’s A Romance of the Republic
Chapter 14 Mark Twain’s Adventures of Huckleberry Finn
Conclusion

著者プロフィール

Keiko Noguchi(ノグチケイコ・野口啓子)

津田塾大学学芸学部教授。
著書等に『E.A.ポーの短編を読む』(板橋好枝、野口啓子 編著、勁草書房、1999年)、
『ヒロインから読むアメリカ文学』(共著、勁草書房、1999年)、
『アメリカ小説の変容』(共著、ミネルヴァ書房、2000年)、
『E.A.ポーと19世紀前半のアメリカ 雑誌文学とナショナリズムを中心に』(野口啓子、津田塾大学、2004-2005年)、
『アメリカ文学にみる女性と仕事』(野口啓子・山口ヨシ子 編著、彩流社、2006年)、
『後ろから読むエドガー・アラン・ポー 反動とカラクリの文学』(彩流社、2007年)、
『エドガー・アラン・ポーの世紀 生誕200周年記念必携』(共著、八木敏雄、巽孝之 編、研究社、2009年)、
『アメリカ文学にみる女性改革者たち』(野口啓子・山口ヨシ子 編著、彩流社、2010年)など。