アカデミック・ダイバーシティの創造

著訳者名 岐阜聖徳学園大学外国語学部 編
副題  
書名ヨミ アカデミックダイバーシティノソウゾウ
仕様/ページ数 四六判/上製/317ページ
定価 3,200円+税
ISBN 978-4-7791-2811-0
出版年月日 2022/4/11

 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

リベラル・アーツの多様性と現代への問題提起

文学、言語学、外国語教育学から経済学、メディア論、教育工学まで――
『異文化のクロスロード』(2007)、『ポスト/コロニアルの諸相』(2010)、『ことばのプリズム』(2014)、『リベラル・アーツの挑戦』(2018)に続く、岐阜聖徳学園大学外国語学部の研究成果

目次

●ジェンダーからみる太平洋戦争の記憶
――環太平洋文学の描く日本植民統治(河原﨑やす子)

●ペーター・ハントケの『雀蜂』について
――「盲目性」の意味(熊沢秀哉)

●病と不調の経験から他者としての女性の経験へ
――病者と労働者階級へのヴァージニア・ウルフの(非)共感性(四戸慶介)

●英語教育における批判的思考力の育成
――クリティカル・リーディングの指導(伊佐地恒久)

●談話研究とその日本語教育への応用
――「のだ」疑問文を中心に(大塚容子)

●恩師の取材とレジリエンス形成
――教職課程のアクションリサーチ(冨田福代)

●マインドセットと学習環境
──外国語を学ぶ学生たちを成功へと導く学習スペースの構築(テイラー・クレア/長尾 純)

●教育における ICT(情報通信技術)の活用と考え方(長谷川 信)

●分裂と統合の Twitter
――コロナ禍におけるトレンドの特性(宮原 淳)

●功利主義と義務論
――社会科学の視点を進化理論から考える(蔵 研也)

●現代アメリカ英語における whom に関する一考察(丹羽都美)

●中国語の自由会話におけるメタ言語否定のストラテジー(李 嘉)

著者プロフィール

岐阜聖徳学園大学外国語学部
(ギフショウトクガクエンダイガクガイコクゴガクブ)
編著書に
『異文化のクロスロード――文学・文化・言語』(2007年)、
『ポスト/コロニアルの諸相』(2010年)、
『ことばのプリズム――文学・言語・教育』(2014年)。
『リベラル・アーツの挑戦』(2018)すべて彩流社刊。