ソール・ベロー 都市空間と文学 



著訳者名日本ソール・ベロー協会 編、他
副題
書名ヨミソールベロートシクウカントブンガク
仕様/ページ数四六判/上製/324ページ
定価3,500円+税
ISBN978-4-7791-2810-3
出版年月日2022/2/15


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

世界を旅したノーベル賞作家、ソール・ベロー(1915-2005)。

シカゴ、ニューヨークからイスラエル、ルーマニア、メキシコ、スペイン、アフリカ奥地まで、ベロー作品に現われた都市空間を多様な観点から論じる。

目次

第1部 ニューヨーク
 第1章 ソール・ベローとニューヨーク──『犠牲者』をめぐって(大工原ちなみ/富山大学教授)
 第2章 重ね書きされる〈アメリカの風景〉──「未来の父親」と『この日をつかめ』のニューヨーク(井上亜紗/日本女子大学助教)
 第3章 『盗み』にみるニューヨーク──セグリゲーションと女性の社会進出の観点から(上田雅美/静岡文化芸術大学非常勤講師)

第2部 シカゴ
 第4章 消費する都市、消費される自己──『宙ぶらりんの男』における物語形式と自意識の臨界(篠直樹/大阪大学大学院生、滋賀短期大学非常勤講師)
 第5章 〈劇場〉としての都市──『ハーツォグ』におけるシカゴとニューヨーク(岩橋浩幸/近畿大学非常勤講師)
 第6章 シカゴと移民──「銀の皿」にみる多文化共生の地理的状況(大場昌子/日本女子大学教授)
 第7章 二都物語──『学生部長の十二月』における二つの都市についての一考察(坂口佳世子/宮崎大学名誉教授)

第3部 外国の都市
 第8章 メキシコ諸都市とソール・ベロー文学──「メキシコの将軍」『オーギー・マーチの冒険』「モズビーの思い出」(山内圭/新見公立大学教授)
 第9章 スペインを舞台にした「ゴンザーガの原稿」にみる“核への警鐘”──ワシントン・アーヴィング、ヘミングウェイ、ダン・ブラウンとの比較から(鈴木元子/静岡文化芸術大学教授)
 第10章 生命の〈内奥〉とアフリカの〈奥地〉──ソール・ベローの『雨の王ヘンダソン』を読む(外山健二/山口大学教授)
 第11章 ソール・ベローが見たパレスチナと六日戦争──アメリカ人として、ユダヤ人として(堤亮輔/出版業界勤務)
 第12章 精神の共同体と存続──ソール・ベローの『エルサレム紀行』(佐川和茂/青山学院大学名誉教授)

著者プロフィール

日本ソール・ベロー協会(ニホンソールベローキョウカイ) (編)
The Saul Bellow Society of Japan.
「日本ソール・ベロー協会」(会長 鈴木元子)。日本アメリカ文学会登録団体。ソール・ベローおよび関連諸分野の研究と、会員相互の交流をはかる。年次大会(総会を含む)の開催、会報(ニューズレター)の発行、研究のための諸活動と研究成果の発表等を行う。協会編の出版物として、『ソール・ベロー研究――人間像と生き方の探求』(大阪教育図書、2007年)、『彷徨(さまよ)える魂たちの行方――ソール・ベロー後期作品論集』(彩流社、2017年)、『ソール・ベローともう一人の作家』(彩流社、2019年)などがある。

日本ソール・ベロー協会の作品