日本プロ野球歌謡史



著訳者名 菊池 清麿 著
副題 野球ソングスの時代
書名ヨミ ニホンプロヤキュウカヨウシ
仕様/ページ数 四六判/並製/412ページ
定価 3,000円+税
ISBN 978-4-7791-2789-2
出版年月日 2021/12/21



 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

日本プロ野球の歴史への追想は日米野球応援歌に始まる

昭和九年、ベーブ・ルース一行らの全米オールスター軍団が来日。迎え撃つ日本選手を激励するための応援歌が作られた。日米野球の応援歌《日米野球戦 日本選手応援歌》の作詞・西條八十、作曲・堀内敬三、歌手にはクラシックとポピュラーの二刀流・ビクター専属・流行歌手テナー藤山一郎が独唱した。
この年の日米野球を機に結成された全日本チームは、日本の職業野球いわゆるプロ野球の誕生をもたらし、その発展の歴史は歌と共にあった。 《全国中等学校優勝野球大会の歌》《若き血》《紺碧の空》《日米野球行進曲》《都市対抗行進歌》《全国中等学校優勝野球大会行進歌》…これらの楽曲は野球史の歴史の一ページでもあり日本のプロ野球の歴史は歌によってつづれ織りのように記されているといえる。

目次

(1)大阪タイガースの歌―猛虎軍団
(2)野球の王者―巨人軍初代球団応援歌
(3)燦めく星座―歌謡界の野球人・灰田勝彦
(4)戦争のさなか
(5)リンゴの唄―大下弘の青春
(6)東京ブギウキ―ミスタータイガース藤村冨美男
(7)ジャイアンツ・ソング―二代目巨人軍球団歌
(8)日本野球の歌
(9)野球小僧―巨人第二期黄金時代
(10)中日ドラゴンズの歌
(11)西鉄ライオンズの歌
(12)鈴懸の径―長嶋茂雄の青春
(13)南海ホークスの歌
(14)阪神タイガースの歌
(15)闘魂こめて
(エピローグ)日本プロ野球歌謡史拾遺

著者プロフィール

菊池 清麿(キクチ キヨマロ)
日本の伝記作家、音楽メディア史研究家。
1960年、岩手県宮古市生まれ。
明治大学大学院政治経済学研究科政治学専攻博士前期課程修了。淑徳大学エクステンション講師。明治大学マンドリン倶楽部では音楽を、橋川文三ゼミで思想史を研鑽。藤山一郎、古賀政男、中山晋平などの日本近代の大衆音楽関係者の評伝・伝記を執筆。
著書に『藤山一郎 歌唱の精神』(春秋社、1996年)、『さすらいのメロディー 鳥取春陽伝  日本流行歌史の一断面・演歌とジャズを駆け抜けた男』(郁朋社、1998年)、『評伝・古賀政男 青春よ永遠に』(アテネ書房、2004年)、『国境の町 東海林太郎とその時代』(北方新社、2006年)、『流行歌手たちの戦争』(光人社、2007年)、『中山晋平伝 近代日本流行歌の父』(郷土出版社、2007年)、『日本流行歌変遷史 歌謡曲の誕生からJ・ポップの時代へ』(論創社、2008年)、『「リンゴの唄」と戦後の気分』(岩波書店、2008年)、『永遠の歌姫 佐藤千夜子』(東北出版企画、2008年)、『私の青空 二村定一 ジャズ・ソングと軽喜劇黄金時代』(論創社、2012年)、『評伝 古関裕而 国民音楽樹立への途』(彩流社、2012年:[新版]2020年)、『阿部武雄  流浪の作曲家』(東北出版企画、2012年)、『評伝 服部良一 日本ジャズ&ポップス史』(彩流社、2013年)、『天才野球人 田部武雄』(彩流社、2013年)、『評伝 古賀政男 日本マンドリン&ギター史』(彩流社、2015年)、『ツルレコード 昭和流行歌物語』(人間社、2015年)、『昭和演歌の歴史』(アルファベータブックス、2016年)、『昭和軍歌・軍国歌謡の歴史  歌と戦争の記憶』(アルファベータブックス、2020年)、『宮澤賢治 浅草オペラ・ジャズ・レヴューの時代』(論創社、2021年)、『明治国家と柳田国男 「地方」をめぐる「農」と「民俗」への探求』(弦書房、2021)などがある。

菊池 清麿の作品