魅力的な十人の女性



著訳者名 高畠 久 編
副題  
書名ヨミ ミリョクテキナジュウニンノジョセイ
仕様/ページ数 四六判/並製/232ページ
定価 1,800円+税
ISBN 978-4-7791-2773-1
出版年月日 2021/8/26

 

 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する

 

「貧困」「雇用不安」「自殺」、そして新型コロナウイルス禍など多くの問題を抱えた日本。

男性社会の政と官、企業の大半は社会貢献の意識がうすい。もはや男中心の社会では日本の再生はない―――

10人の女性に若き5人の女性が直撃取材し、その「魅力」の淵源から再生へのヒントを探る。

目次

(1)永井多恵子
   (せたがや文化財団・理事長/世界演劇協会日本センター長)
(2)中川裕季子
   (ダンスステージ企画構成・振付・演出/中川三郎スタジオ代表)
(3)吉田幸子
   (無形文化財西馬音内盆踊り名手/フラワーデザイナー)
(4)キャサリン・ジェーン・フィッシャー
   (前衛美術家/レイプ被害者救済運動家/ノーベル平和賞ノミネート2020年度)
(5)是蘭[鈴木優子]
   (新美術ミクストメディア作品アーチスト/外国教育企業・BodyChance 顧問)
(6)兵藤祐子
   (東京都港区区議会議員)
(7)吉川雅子
   (朗読家・ナレーター・日本語伝道師/NPO法人声物園理事長)
(8)中前由紀
   (東京都港区区議会議員)
(9)霜鳥まき子
   (パーソナルスタイリスト・衣食住プロデューサー/株式会社SPSO代表)
(10)卜部裕里子
   (ピアニスト)

著者プロフィール

高畠 久(タカバタケ ヒサシ)
1939年、樺太生まれ。早稲田大学文学部卒業。
東宝文芸部企画制作課入社。
ペンネーム権藤利英で松竹映画『夜の片鱗』脚本、
米国アカデミー賞外国映画賞ノミネート。
1967年、東宝退社。1975年、企画制作プロ設立。
以後映画、TVドラマ&番組、文化映画、PR映画、各種イベント、
音楽コンサートなどの企画・脚本・プロデュース。
2012年、演劇プロデュースグループ《スタジオQ》設立。
映画作品『喜劇・右向け左!』『銭ゲバ』『学園祭の夜・甘い経験』
『百万人の大合唱』『三億円をつかまえろ!』『どてらい奴』
『トルコ行進曲』『妖精フローレンス』『夜の哀しみ』等、
TV映画『傷だけの天使』『荒野の素浪人』『荒野の用心棒』等、
PR映画&イベント『スーパー・ダイエー創立二十周年
記念映画・大いなる挑戦』『イトーヨーカドー新年会
年間方針発表五面マルチスライド』等、
演劇作品『ママ、ボクを殺さないで』
『人は来たりて見よ・甘粕正彦憲兵大尉』『猫、わが愛わが命』
『雑魚レストラン』『ミス・デザイン離婚親権裁判』
『私はレイプを告訴する』『喜劇・わが町を救え!』『駅』
『端縫いのクニマス』等がある。