フィリップ・ロス研究



著訳者名 坂野 明子 著
副題 ヤムルカと星条旗
書名ヨミ フィリップロスケンキュウ
仕様/ページ数 四六判/上製/297ページ
定価 3,200円+税
ISBN 978-4-7791-2744-1
出版年月日 2021/3/29

 

 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

現代アメリカ文学を代表する作家、フィリップ・ロス(1933-2018)。

ロス文学の根幹をなす「ユダヤ性」に注目。各時期の代表作を通して、ロス文学の特徴とその変化を追う。

目次

第1章  ロス文学とは
第2章  作家としての旅立ち
         ──『さようなら、コロンバス』(1959)
第3章  束縛とのたたかい──『レッティング・ゴー』(1962)
             と『ルーシーの哀しみ』(1967)
第4章  解放──『ポートノイの不満』(1969)
第5章  本当の自分を描くということ
            ──『男としての我が人生』(1974)
第6章  ネイサン・ザッカマン登場──『ザッカマン・バウンド
             ──三部作とエピローグ』(1985)
     『ゴースト・ライター』(1979)/
     『解き放たれたザッカマン』(1981)/
     『解剖学講義』(1983)
第7章  イスラエルという視点──『カウンターライフ』(1986)
         と『オペレーション・シャイロック』(1993)
第8章  身体が伝えるユダヤ性──『父の遺産』(1991)
第9章  ユダヤ的思考の完成に向けて
             ──『サバスの劇場』(1995)
第10章 アメリカを問う──アメリカ史三部作
     『アメリカン・パストラル』(1997)/
     『私は共産主義者と結婚していた』(1998)/
     『人間の染み』(2000)
第11章 歴史改変小説
     ──『プロット・アゲインスト・アメリカ』(2004)
第12章 エピローグに代えて

著者プロフィール

坂野 明子(サカノ アキコ)
専修大学文学部教授
共編著に『ゴーレムの表象──ユダヤ文学・アニメ・映像』(南雲堂、2013)、共著に『ユダヤの記憶と伝統』(2019)、『ホロコースト表象の新しい潮流──ユダヤ系アメリカ文学と映画をめぐって』(2018)、『ホロコーストとユーモア精神』(2016)【以上、彩流社】、『亡霊のアメリカ文学──豊饒なる空間』(国文社、2012)、『バード・イメージ──鳥のアメリカ文学』(金星堂、2010)など。