親をおりる



著訳者名 明石 紀久男 著
副題 「ひきこもり」支援の現場から
書名ヨミ オヤヲオリル
仕様/ページ数 四六判/上製/120ページ
定価 1,600円+税
ISBN 978-4-7791-2735-9
出版年月日 2021/3/16

 

 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

ひきこもり問題のベテラン相談員が、親や相談員に今伝えたいこととは。

親の立場や役割を手離し、親を降りて、個人に、ひとりの人間に、戻る必要がある。そうすることで息子や娘も個人として、一人の人間として自律していけるのだ。

著者プロフィール

明石 紀久男(アカシ キクオ)
1950年生まれ。1998年から「不登校児童やひきこもり者」とその家族の相談を始め、2001年からフリースペース遊悠楽舎を開設(NPO法人、現在代表理事)。
2008年から横浜市の若者支援施設で相談員、2011年に始まった内閣府のモデル事業・パーソナルサポートサービス(横浜市)に関わり、その後設立された一般社団法人インクルージョンネットかながわの理事。
2015年度から鎌倉市の生活困窮者自立相談支援事業「インクル相談室・鎌倉」の主任相談員。
「space ぷらっと大船」で子どもたちの学習・居場所支援と同時に食事の提供も行っている。心理カウンセラー。家族全体を幅広く応援。。