AIを超えた男 藤井聡太



著訳者名 歯黒 猛夫 著
副題 証言で読み解く進化の軌跡
書名ヨミ エイアイヲコエタオトコ フジイソウタ
仕様/ページ数 四六判/並製/256ページ
定価 1,400円+税
ISBN 978-4-7791-2718-2
出版年月日 2020/12/8

 

 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する

 

将棋教室時代から将棋界の寵児となるまで…プロ棋士の様々な証言を時系列に並べ、藤井聡太の「強さとその進化」の過程を辿る。

目次

●第一部 少年棋士の涙(幼少時代~研修会~奨励会)

 瀬戸市内の将棋教室入会から東海研修会(奨励会)入会まで
 のエピソード
 ・小学2年で出場した「JTプロ公式戦」と同時開催される
 「テーブルマークこども大会」の決勝戦で敗北し、号泣など

●第二部 進化と苦悩(2016年~2019年)

 連勝記録を続け将棋界の寵児となり「藤井フィーバー」の幕開け
 ・プロデビュー戦となった加藤一二三九段との対局。
  公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立など

●第三部 師匠・杉本昌隆八段との絆

●第四部 AIを超えた「神の一手」

 各局を通して藤井聡太の「強さの神髄」に迫る各プロたちの肉声

●第五部 伝説の始まり

著者プロフィール

歯黒 猛夫(ハグロ タケオ)
1962年生、大阪府出身在住。
歴史やミリタリー、ドラマ、皇室など、幅広いジャンルを手がける
編集プロダクション「オフィステイクオー」代表。
著書に、
『天皇家のふところ事情  収入はいかほど?
支出の内訳は? KAWADE夢文庫』
(共著、河出書房新社、2020年)、
『凸凹地図とおさんぽマップ 百舌鳥・古市古墳群』
(共著、実業之日本社、2019年)、
『本当は怖い 日本の聖地』
(共著、彩図社、2020年)などがある。