成功するDX、失敗するDX



著訳者名 兼安 暁 著
副題 形だけのデジタル・トランスフォーメーションで滅びる会社、超進化する会社
書名ヨミ セイコウスルディエックスシッパイスルディエックス
仕様/ページ数 A5判/並製/208ページ
定価 1,600円+税
ISBN 978-4-7791-2688-8
出版年月日 2020/8/11

 

 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する

 

テクノロジーの進化による大変革時代突入。DXトップコンサルタントが、10年後の世界で生き残るためのDX(デジタル・トランスフォーメーション)推進ポイント(改善でも変革でもない創造への道)を徹底解説!

【内容紹介】
● 10年後はこんな世界になっている
● DXの戦略的な意味
● 現状の延長でDXに取り組むと失敗する
● DX時代の資本政策
● 改善でも変革でもない。求められるのは創造
● 既存事業と切り離し、全く新しく作る
● 社内ベンチャーかスタートアップか
● スタートアップの成長に乗る
● 既存事業でDXをやるべきでない理由
● それでもやるなら延命措置と位置づける
● 事業の世代交代を考える

著者プロフィール

兼安 暁(カネヤス サトル)
米国系コンサルティングファーム、ベンチャー企業、
一部上場企業を経て、フリーのコンサルタントとして独立。
日本で最初に基幹システムをLINUX上で導入。
Tポイントの立ち上げに、
リードアーキテクト兼システム総責任者として貢献。
小売流通、貿易、金融、IT、製薬、旅行業、メディア、通信、
EC、航空宇宙など、あらゆる産業を経験。
2016年より、Fintech、Retechを中心に起業支援。
米国、東南アジアで事業を自ら立ち上げ中のものも含め、
これまでに200以上のDX案件に携わる。
著書に、
『イラスト&図解でわかるDX(デジタルトランスフォーメーション)』
(彩流社、2019年)がある。

兼安 暁の作品