LITERATURE AS THEOLOGY : The Parable of the Prodigal Son in the Fiction of Elizabeth Gaskell



著訳者名 Tatsuhiro Ohno 著
副題  
書名ヨミ リテラチャーアズシオロジー ザパラブルオブザプロディガルサンインザフィクションオブエリザベスギャスケル
仕様/ページ数 A5判/上製/360ページ
定価 7,000円+税
ISBN 978-4-7791-2682-6
出版年月日 2020/4/3

 

 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する

 

全文英文。神学としての文学研究。E・ギャスケル小説内に繰り返し現れる聖書における放蕩息子の喩え話の「罪、悔い改め、赦し、そして救い」の反復からギャスケル文学をキリスト教神学の表象として捉える画期的論考。

著者プロフィール

Tatsuhiro Ohno(タツヒロ オオノ)
大野 龍浩(オオノ タツヒロ)
熊本大学文学部教授。
専門:英国小説、英文学、Digital Humanities、文学批評。
著訳書に
『シルヴィアの恋人たち』
(エリザベス・ギャスケル 著、大野龍浩 訳、彩流社、1997年)、
「「ヴィレット」統計的構造分析による主題の解明」
(共著、『シャーロット・ブロンテ150年後の『ヴィレット』』
 所収、白井義昭 編、彩流社、2005年)、
「恋愛小説-牧師の娘たちの信仰告白」
(共著、『ギャスケルで読むヴィクトリア朝前半の社会と文化』
 所収、松岡光治 編、溪水社、2010年)、
「『妻たちと娘たち』の絶対解釈」
(共著、『エリザベス・ギャスケルとイギリス文学の伝統』
 所収、日本ギャスケル協会 編、大阪教育図書、2010年)、
『The Life of Elizabeth Gaskell in Photographs
 〈写真で綴るエリザベス・ギャスケルの生涯〉』
(Tatsuhiro Ohno 著、Osaka Kyoiku Tosho、2012年)、
「コーパス文体論によるギャスケル短編作品の解析」
(共著、『エリザベス・ギャスケル中・短編小説研究』
 所収、日本ギャスケル協会 編、大阪教育図書、2015年)
 等がある。