女同士の絆

著訳者名 平林 美都子 編著
副題 レズビアン文学の行方
書名ヨミ オンナドウシノキズナ
仕様/ページ数 四六判/上製/256ページ
定価 2,500円+税
ISBN 978-4-7791-2675-8
出版年月日 2020/4/7
 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

19世紀~現代までの英米カナダ文学にみる「レズビアン表象」の変遷。『赤毛のアン』『キャロル』『半身』等の作品論のほか、映画のアダプテーションやエポック・メイキング小説も取り上げるブックガイド。選書リスト付。

目次

序章  レズビアン文学批評概観
第1章 怪物としてのレズビアン
第2章 女同士の友情
第3章 レズビアンの自認
第4章 レズビアン的繋がり
第5章 レズビアン・リアリティを創る言語
第6章 クィアなパフォーマンス
第7章 レズビアン・アダプテーション
第8章 レズビアン・ミステリー

著者プロフィール

平林 美都子(ヒラバヤシ ミトコ)
愛知淑徳大学文学部教授
著訳書等に
『スザナ・ムーディーの日記  マーガレット・アトウッド詩集』
(マーガレット・アトウッド 著、平林美都子、久野幸子、ベヴァリー・カレン 訳、国文社、1992年)、
『「辺境」カナダの文学  創造する翻訳空間』(彩流社、1999年)、
『レズビアン日記 Voila`ほらここにある』
(ニコル・ブロサール 著、平林美都子、ベヴァリー・カレン 訳、国文社、2000年)、
『表象としての母性』(ミネルヴァ書房、2006年)、
『イギリス祭事カレンダー  歴史の今を歩く』
(宮北惠子との共著、彩流社、2006年)、
『パワー・ブック』
(ジャネット・ウィンターソン 著、平林美都子 訳、英宝社、2007年)、
『映画を通して知るイギリス王室史  歴史・文化・表象』
(宮北惠子との共著、彩流社、2009年)、
『「語り」は騙る  現代英語圏小説のフィクション』(彩流社、2014年)、
『イギリス・ヘリテッジ文化を歩く  歴史・伝承・世界遺産の旅』
(宮北惠子との共著、彩流社、2016年)などがある。

【一部、執筆】
髙橋 博子/愛知淑徳大学非常勤講師