日本映画裏返史



著訳者名 二階堂 卓也 著
副題  
書名ヨミ ニホンエイガウラガエシ
仕様/ページ数 四六判/並製/369ページ
定価 3,000円+税
ISBN 978-4-7791-2656-7
出版年月日 2020/2/5

 

 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する

東映・東宝・松竹・日活・大映の五社が華やかに輝いた良き時代。日夜欠かさず映画を見続け、ついにあの小川徹的「裏目読み」に優るとも劣らない「裏返し」的批評を展開。血沸き肉躍る読み手の心を掴んで離さない映画批評集。

目次

1章  七つの顔の男だぜ「二人の多羅尾伴内」
2章  ゴジラから変身人間まで
3章  大映「怪奇映画」の系譜
4章  忍法八勝負
5章  歌って踊れるマイトガイ
6章  国民映画VSゲテモノ映画
7章  監督・小沢茂弘の活劇世界
8章  江戸川乱歩の銀幕パノラマ館
9章  あなたのリードで島田も揺れる「東映ゲイシャ映画」
10章 さらば東映、プログラムピクチャーの終焉

著者プロフィール

二階堂 卓也(ニカイドウ タクヤ)
1947年、生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。
小学生時代より映画に親しみ、新東宝、東映時代劇、日活アクション、
やくざ映画、香港活劇、そして欧米の娯楽映画全般と
B級と評される映画を徹底的に観続け、評論活動を展開。
『キネマ旬報』に連載された「イタリアン・アクションの誇りと栄光」
をはじめとする一貫した批評姿勢に共感するファンも多く、その後の
ジャンル映画再評価に多大な影響を与えた。
著書に
『荒野とドルと拳銃と  極私的マカロニウェスタン映画論』
(彩流社、2019年(『イタリア人の拳銃ごっこ』フィルムアート社、
 2008年の増補改訂版))、
『マカロニアクション大全 増補改訂新装版
 映画秘宝COLLECTION』(洋泉社、2016年)、
『洋ピン映画史  過剰なる「欲望」のむきだし 
 えろこれ』(彩流社、2016年)、
『ピンク映画史 欲望のむきだし  えろこれ』
(彩流社、2014年)、
『新東宝・大蔵 怪奇とエロスの映画史』
(洋泉社、2013年)、
『剣とサンダルの挽歌  イタリア歴史活劇映画大全
 映画秘宝COLLECTION 40』(洋泉社、2010年)、
『マカロニアクション大全 剣と拳銃の鎮魂曲
 増補改訂版 映画秘宝COLLECTION 31』
(洋泉社、2005年(初版1999年))、
『マカロニ・マエストロ列伝 
 暴力と残酷の映画に生きた映画職人たち  
 映画秘宝 COLLECTION』(洋泉社、2005年)などがある。

二階堂 卓也の作品