大阪ミナミの子どもたち



著訳者名 金 光敏 著
副題 歓楽街で暮らす親と子を支える夜間教室の日々
書名ヨミ オオサカミナミノコドモタチ
仕様/ページ数 四六判/並製/175ページ
定価 1,700円+税
ISBN 978-4-7791-2612-3
出版年月日 2019/9/9

 

 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する

西日本の歓楽街で様々な問題を抱える子供や親達に、地域に根を下ろし手を差し伸べ続けるMinami子供教室の活動の軌跡。子供を巡る悲しい事件が跡を絶たない中、家族離散、困窮、暴力被害などで当事者を殺さないために!

著者プロフィール

金 光敏(キム クァンミン)
Kim Kwang‐Min. 1971年、大阪市生野区生まれ。 在日コリアン3世。 特定非営利活動法人コリアNGOセンター事務局長。 多文化共生、人権学習の教育コーディネーターを務め、 さまざまな子どもたちを支援するソーシャルワーカー。 NPO事務局長以外に、大学非常勤講師、学校法人理事、 外国人の子どもたちを対象にした 夜間教室「Minamiこども教室」実行委員長、行政委員など。 共著に、 『子ども白書〈2004〉』 (日本子どもを守る会 編、草土文化、2004年)、 『多文化社会を生きる子どもとスクールソーシャルワーク』 (鈴木庸裕、新井英靖、佐々木千里 編著、かもがわ出版、2018年)、 『外国人・民族的マイノリティ人権白書』 (外国人人権法連絡会 編、明石書店、2007年)、 『大阪の貧困 Ⅱ 格闘する現場からの報告』 (反貧困ネットワーク大阪実行委員会 著、耕文社、2011年)他多数。