続・黒潮文明論



著訳者名 稲村 公望 著
副題 海の民の遙かなる旅
書名ヨミ ゾク クロシオブンメイロン
仕様/ページ数 四六判/上製/296ページ
定価 2,800円+税
ISBN 978-4-7791-2502-7
出版年月日 2018/7/24

 

 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

徳之島生まれの著者が列島に沿って流れる「黒潮」にまつわる様々な物語を縦横無尽に語る。現地調査に加え、博覧強記の知識によって習俗、文化、言語、食、そして海沿いに建つ原発にまで話は及ぶ日本の基層を探る文明論第二弾。

著者プロフィール

稲村 公望(イナムラ コウボウ)
1947年、生まれ。奄美・徳之島出身。
東京大学法学部卒。
1972年、郵政省入省、アメリカ研修(フレッチャースクール修了)、
八女郵便局長、
1980年、在タイ王国日本大使館一等書記官。
1983年、郵政省へ復帰。その後、通信政策局国際協力課長、
郵務局国際課長、沖縄郵政管理事務所所長、郵政大臣官房審議官、
中央省庁再編により総務大臣官房審議官、
政策統括官(情報通信担当)、郵政事業庁次長、
日本郵政公社発足と同時に常務理事などを歴任。
郵政民営化に反対して退任。
2012年10月、改正郵政民営化法に基づき、
2012年10月1日に誕生した「日本郵便」の副会長に就任。
2014年3月、日本郵便常務顧問を辞任。
主な著書に
『黒潮文明論 民族の基層と源流を想う』(彩流社、2015年)、
『「ゆうちょマネー」はどこへ消えたか
“格差”を生んだ郵政民営化の真実』(菊池英博との共著、
彩流社、2016年)、
『日米戦争を起こしたのは誰か ルーズベルトの罪状・
フーバー大統領回顧録を論ず』(藤井厳喜、茂木弘道、
加瀬英明との共著、勉誠出版、2016年)など。