ヨーロッパ芸術音楽の終焉



著訳者名藤原義久 著
副題アードリアーンの音楽
書名ヨミヨーロッパゲイジュツオンガクノシュウエン
仕様/ページ数四六判/上製/288ページ
定価2,400円+税
ISBN978-4-7791-2413-6
出版年月日2018/1/11


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

ドビュッシー、ストラヴィンスキーらの音楽を「作曲行為」と「音組織」という観点から考察。トーマス・マンの『ファウストゥス博士』の主人公・作曲家アードリアーンを「象徴」として激しく変貌していく音楽芸術の特色を探る。

目次

はじめに

 第一章 アードリアーンの時代
   一 「ファウストゥス博士」
   二 アードリアーンの時代
   三 架空の作品と現実の作品

 第二章 ヨーロッパ音楽の音組織
   一 調性音組織と現代の音楽文化
   二 旋法について
   三 和声について
   四 拍子について
   五 その他の特質について

 第三章 モンタージュされた作曲家たち
   一 危機への創造的解答を求めて
   二 クロード・ドビュッシー
   三 アーノルト・シェーンベルク
   四 ベーラ・バルトーク
   五 イゴール・ストラヴィンスキー
   六 〈作曲〉行為としての現代芸術音楽

 第四章 アードリアーンの死のあとに
   一 現代芸術音楽のカオス
   二 音楽文化のライフサイクル
   三 アメリカ民衆音楽系の誕生
   四 ヨーロッパ芸術音楽の終焉と音楽文化の再生

 終章 現代日本の音楽文化
   一 東西二洋の音楽の遭遇
   二 日本のアードリアーンとその子供たち

(増補)
  「現代音楽と基本的音感覚」「L.W. メーソンの和声教育」
  「日本のアードリアーンー山田耕筰と20 世紀ヨーロッパ音」

   注、参考文献

著者プロフィール

藤原 義久(フジハラ ヨシヒサ)
山形大学名誉教授、作曲家
1939年東京に生まれる。東京芸術大学とパリ音楽院で作曲技法を学ぶ。
初等科からの在学した学習院で音楽を担当した後、山形大学教育学部へ専任として移る。
非常勤としては学習院大学、聖霊女子短期大学、東北芸術工科大学、東京音楽大学を歴任。
【主な論文】「言葉と音楽鑑賞教育についての一考察」(音楽之友社)
      「滝村小太郎の生涯と楽語創成」共同研究(大空社)
【主な作品】「マリア観音」(音楽之友社)、「カレンダー」(TOMS出版)
      「別れの時に~雨上がりの夜のレクイエム」