富士見高原



著訳者名富士見高原愛好会 編
副題環境と文化の50年
書名ヨミフジミコウゲン
仕様/ページ数A5判/上製/288ページ
定価2,800円+税
ISBN978-4-7791-2383-2
出版年月日2017/8/18


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

風光明媚な富士見高原は毎夏、文学研究や芸術創作に勤しむ者にとって絶好の避暑地。一方、公害をもたらす工場が誘致される恐れもあり、阻止せんと環境保護のために結成された富士見高原愛好会が五十年にわたり眺めた文化史。

著者プロフィール

富士見高原愛好会(フジミコウゲンアイコウカイ)
1966年、長野県富士見高原を避暑地として集う
学者、文筆家、芸術家、実業家の一団によって創設。
初代会長は元厚生大臣、国務大臣の山縣勝見。
現(第8代)会長は慶應義塾大学教授の巽孝之。
本書は、1985年の20周年記念出版
『富士見高原 その詩その小説そして―』(鳥影社)に
続く50周年記念出版である。