氷解「倭人伝」



著訳者名和田 潤 著
副題沖ノ島からの幻視
書名ヨミヒョウカイワジンデン
仕様/ページ数四六判/並製/208ページ
定価2,000円+税
ISBN978-4-7791-2350-4
出版年月日2017/7/29


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

沖ノ島で出土した秘宝の数々と沖ノ島の「知られざる遥拝所」や神宝館などへ誘う。そして沖ノ島と神宝館をむすぶ「謎の一直線」を手がかりとしながら「魏志倭人伝」の解読を試み、300年の邪馬台国論争の疑問点を氷解する。

目次

【収録内容】

第一章 沖ノ島の数字を探究する

(1)

北緯三四度一四分のラインを沖ノ島から東へ
たどると水平線のかなた、真西の方角に夕陽が沈む
多島の海国、穴門が不彌国だった

(2)

「4~9世紀に奉献された」は事実か?
神の祟り? いや神の御加護
邪馬台国の時代は無視……

(3)

沖ノ島には灯台がたち、港もある
考古学への弁護士からの侮辱
「4世紀以降」を断定調で語る学者は、かつていなかった
沖ノ島で1~3世紀に祭祀が行われた可能性

(4)

「国宝8万点」は、ほんとうか?
宗像大社辺津宮 神宝館に収まる
きらびやかな神宝の数々
宗像大社から電子のスピードで届いた回答

第二章「晋使 北上回帰」を幻視しながら
唱える「邪馬台国=宇佐」説

(1)

島原市の本光寺が所蔵する「国都地図」に仰天
「混一疆理歴代国都之図」で、日本列島は
ひっくり返っていなかった
朝鮮で二つの地図が合成された

(2)

晋使 北上回帰のみち筋
『三国志』は〝現代史〟だった
武帝は新たに倭へ使者を派遣した
いもづる式に多くの謎が氷解していく
「千三百里ほど」の移動に
「水行二十日、水行十日陸行一月」
進む時間(所要日数)= 距離 ÷ 平均速度
不彌国(山口県下関市)より日向の佐土原まで
水行二十日
有明海に面した国で一泊、飲めや歌えの大騒ぎ
晋使 北上回帰の陸行は合わせて29日

 (3)

その後の邪馬台国
邪馬台国は消滅した
天変地異が邪馬台国を襲った
「邪馬台国東遷」説は、かつて
「神武東征伝承の亡霊」といわれた

第三章 途中下車して学ぶ古代史の真実

重要な遺跡、博物館、神社などの見学記 & 交通ガイド

・福岡県宗像市──宗像大社 辺津宮 神宝館
沖ノ島出土の国宝を保存展示する玄海の聖なる殿堂

・北九州市小倉北区──北九州市埋蔵文化財センター
遺跡分布地図が圧巻の旧北九州市立考古博物館

・下関市──史跡の道ウォーク
前方後円墳の“登山”が目玉
六連島 音次郎遺跡
製塩で聞こえた没利島の西南端

・佐賀県神埼郡吉野ヶ里町/神埼市─吉野ヶ里遺跡公園
古代人の声に耳をすましながら、歩け、歩け

・朝倉市──平塚川添遺跡公園
邪馬台国時代に栄えた低地性多重環濠集落

・太宰府市──九州国立博物館 [ きゅーはく」の略称で
親しまれる「邪馬台国 = 九州」説の博物館

・春日市──奴国の丘 歴史公園
青銅器工房が集中していた工業地帯

・大阪府和泉市──大阪府立弥生文化博物館
鏡を両手でささげる卑弥呼の像が圧巻

著者プロフィール

和田 潤(ワダ ジュン)
1949年、長崎県生れ。
広島大学教育学部教育学科卒。紀行作家。
これまでの作品に
『邪馬台国 再発見の旅 「距離・方位・日数の謎」が動いた』
(彩流社)、
(松尾 定行 名で)『歌で楽しむ鉄道
昔と今 ポップス・唱歌100選』(彩流社)、
『歌テツ ほのぼの紀行 汽車・電車の名曲 100選 』(彩流社)、
『ローカル線各駅下車の旅』(ちくま文庫)、
『大人の青春18 きっぷのんびり旅行術』(河出書房新社)
などがある。
『週刊鉄道の旅』(講談社)、『週刊鉄道絶景の旅』(集英社)、
『ノジュール』(JTB パブリッシング)、『日本の名随筆』(作品社)
などにも寄稿。

和田 潤の作品