記憶をめぐる人文学



著訳者名アン・ホワイトヘッド 著 /三村尚央 訳
副題
書名ヨミキオクヲメグルジンブンガク
仕様/ページ数四六判/上製/251ページ
定価2,600円+税
ISBN978-4-7791-2346-7
出版年月日2017/8/18


 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

哲学や文学で表象された「記憶」が「歴史」「忘却」を鍵語とし、「記憶と主体」「集合的記憶」といった主題をめぐってプラトン、アリストテレス、ダンテ、ニーチェ、フロイト、プルースト等のテクストから縦横無尽に読解する。

[原書]Memory

【在庫僅少】

※本体・カバーの折れ、切れ、キズなどがある場合がございます(可読には問題ありません)。

目次

序章

第一章
 記憶と書き込み
 記憶の蝋板
 記憶術
 記憶と書物

第二章
 記憶と主体(セルフ)
 内面への転向
 ルソーの連想の鎖
 よみがえる心象風景

第三章
 無意志的記憶
 フロイトの「マジック・メモ」
 プルーストの「マドレーヌ」
 トラウマ的記憶

第四章
 集合的記憶
 モーリス・アルヴァックスと集合的記憶
 ピエール・ノラと「記憶の場」
 戦争と集合的記憶

結語:忘却術?

索引
文献一覧
用語集

訳者あとがき

著者プロフィール

アン・ホワイトヘッド (著)
Anne Whitehead.
英国ニューキャッスル大学の現代文学および比較文学准教授。
研究分野は現代イギリス文学
(パット・バーカー、W・G・ゼーバルト、
カズオ・イシグロ)、トラウマ研究、
情動とフェミニズム、医療人文学(Medical Humanities)
など多岐にわたっており、
近刊は『現代イギリス文学における医療と共感
―― 医療人文学への介入』
(Medicine and Empathy
in Contemporary British Fiction:
An Intervention in Medical Humanities)。
また雑誌The Journal of Literature and Trauma Studies
の編集委員も務めている。

三村 尚央(ミムラ タカヒロ) (訳)
千葉工業大学准教授。
関心分野はイギリス文学(カズオ・イシグロなど)
および記憶の文化。
記憶やノスタルジアから見た文化研究の領域を整備して、
関連書籍や作品のリストを編めないかと模索中。