九龍城砦



著訳者名宮本隆司 写真
副題
書名ヨミキュウリュウジョウサイ
仕様/ページ数A4横判/上製/88ページ
定価3,200円+税
ISBN978-4-7791-2337-5
出版年月日2017/7/15


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

香港・高層スラム「九龍城砦」が消滅して二十年。いまなお人びとの心を捉えるのはなぜか。スラム内部に入り、活写した宮本隆司『九龍城砦』がデジタルリマスターで復刻。全点断ち切りによる大胆な迫力あるレイアウトで甦る。

著者プロフィール

宮本 隆司(ミヤモト リュウジ)
1947年、東京生まれ。
1973年、多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。
建築雑誌「住宅建築」編集部員を経て独立。
解体中や放置された建築を撮影して発表、
廃墟の写真家として知られる。
1989年「建築の黙示録」「九龍城砦」展覧会、
写真集により第14回木村伊兵衛写真賞受賞。
1996年「KOBE 1995 After the Earthquake」展示により
第6回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展金獅子賞受賞。
2005年、世田谷美術館個展「ピンホールの家」
展示により第55回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
2012年、紫綬褒章受章。
2014年、徳之島アートプロジェクト実行委員会代表
として活動の範囲を広げつつある。