増補新版 隔離の記憶

著訳者名 高木 智子 著 /ドリアン助川 解説
副題 ハンセン病といのちと希望と
書名ヨミ ゾウホシンバンカクリノキオク
仕様/ページ数 四六判/上製/315ページ
定価 2,500円+税
ISBN 978-4-7791-2327-6
出版年月日 2017/5/18

 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する

帯文は吉永小百合さん

“瀬戸内海の島々で、人権を奪われた人達の痛切な思いに出会いました。今も必死に生きる彼らのことを、多くの方に知って頂きたい。” 

絶望を生き抜き、希望に変えていくノンフィクション。

目次

1章 国賠裁判、負けたら死にます
2章 愛を語る闘士
3章 人生に絶望はないよ
4章 敵意と、優しさと
5章 「いのちの授業」が残したもの
6章 津軽の春、てっちゃんの詩
7章 親の死さえ願った子どもたち
8章 告白した 自信になった
9章 トップランナーたち
10章 いざ、中国へ
11章 ご近所さんに伝えたい
12章 いのちと愛の詩人について
〈増補〉
「この20年の変化について」(著者)
 解説 ドリアン助川

著者プロフィール

高木 智子(タカキ トモコ)
1972年、福岡市生まれ。
朝日新聞社会部専門記者(人権)。
2000年、朝日新聞に入社。
前橋支局に赴任し、国立療養所「栗生楽泉園」で
ハンセン病だった人たちへの取材を本格化させる。
2008年、大阪社会部。
人権、戦争の記憶の語り継ぎ、再犯防止などの
テーマに取り組む。
2014年4月~16年3月、朝日新聞編集委員。

ドリアン助川(ドリアンスケガワ)
1962年生まれ。
映画『あん』(河瀬直美監督、2015年)の原作者。