イェイツをめぐる作家たち



著訳者名リチャード・エルマン 著 /小田井勝彦 訳、他
副題ワイルド、ジョイス、パウンド、エリオット、オーデン
書名ヨミイェイツヲメグルサッカタチ
仕様/ページ数四六判/上製/264ページ
定価2,800円+税
ISBN978-4-7791-2325-2
出版年月日2017/5/25


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

一時代を築いた作家の才能への嫉妬と尊敬が交錯する複雑な感情と批評眼をもつ五人の作家たち(ワイルド、ジョイス、パウンド、エリオット、オーデン)。二十世紀初頭、英国の作家の人間模様を作品の比較分析と共に行なった書。

目次

第一章 序

第二章 オスカーとアシーン
――オスカー・ワイルドとイェイツ

第三章 鷹のような男
――ジェイムズ・ジョイスとイェイツ

第四章 エズとビリユムじいさん
――エズラ・パウンドとイェイツ

第五章 ポッサムの改宗
――T.S. エリオットとイェイツ

第六章 見晴し台とガス工場
――W.H.オーデンとイェイツ

索引

あとがき

著者プロフィール

リチャード・エルマン (著)
Richard Ellmann.
1918年アメリカ・ミシガン州生まれ。文芸評論家。
イェール大学にて学士・修士号を取得。
ハーヴァード大学、ノースウェスタン大学、
イェール大学にて教鞭をふるい、
オクスフォード大学ニュー・カレッジの特別研究員等を
歴任。1987年死去。
『ジェイムズ・ジョイス伝』(みすず書房)、
『リフィー河畔のユリシーズ』(国文社)、
『ダブリンの4人』(岩波書店)など、
日本でも翻訳が多数出版されている。

小田井 勝彦(オダイ カツヒコ) (訳)
1976年生まれ。
専修大学大学院文学研究科
英語英米文学専攻博士後期課程単位修得退学。
専修大学非常勤講師。
共著に『アジアから見た日本』(南雲堂、2015)、
『英米文学にみる検閲と発禁』(彩流社、2016)、
『ヒラリー・クリントンはそこがいいたかった』
(東京堂出版、2017)、
翻訳に
ジョン・マクガハン作『男の事情・女の事情』
(共訳、国書刊行会、2004)。

グレース宮田(グレース ミヤタ) (訳)
1973年生まれ。専修大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。
通訳、企業研修講師を経て
現在、専修大学・明治大学兼任講師。
著書にOscar Wilde and Class(米国BOOK EAST、2007)、
『オスカー・ワイルドに学ぶ人生の教訓』
(サンマーク出版、2009、Kindle 版2014)。