メルヴィル文学に潜む先住民



著訳者名大島 由起子 著
副題復讐の連鎖か福音か
書名ヨミメルヴィルブンガクニヒソムセンジュウミン
仕様/ページ数A5判/上製/496ページ
定価5,000円+税
ISBN978-4-7791-2286-6
出版年月日2017/3/7


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

アメリカの文豪メルヴィルの『白鯨』以降の全編に、巧妙に、執拗に仕込まれた北米先住民表象を徹底的に炙り出し、読み解くことで、繰り返し立ち現れてくるのは北米先住民の復讐と救済の物語、そして融和の願いだった。

著者プロフィール

大島 由起子(オオシマ ユキコ)
福岡女子大学文学部英文科卒業。
アイオワ大学大学院人文研究科英語英米文学専攻
修士課程修了。山口女子大学(現山口県立大学)
文学部講師を経て、現在、福岡大学人文学部教授。