デーモンの画家 ミハイル・ヴルーベリ



著訳者名植田 樹 著
副題その生涯と19 世紀末ロシア
書名ヨミデーモンノガカミハイルヴルーベリ
仕様/ページ数A5判/上製/344ページ
定価3,500円+税
ISBN978-4-7791-2278-1
出版年月日2016/12/14


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

異端の天才画家の生き様と彼を取り巻いた芸術家たち。不遇を託ちながらも探求を目指して歩き続け、明晰な理性と自らを破滅させる情熱をもって絵画と格闘した生涯を詳述。時代を先駆けた作品はロシアを代表する画家として復権。

目次

まえがき

第一章 画家への道

第二章 キエフでの夢と挫折

第三章 モスクワの表舞台で

第四章 斃れたデーモン6 最後の旅路

あとがき

関連年表
時代と作品
芸術家と主な登場人物

著者プロフィール

植田 樹(ウエダ シゲル)
1940年東京生まれ。1964年東京外大ロシア科卒業、
同年NHK放送記者、入局1974~79年モスクワ特派員、
1992~2000年解説委員、
その後、モスクワ会(在東京マスコミ各社ロシア専門記者会議)
代表幹事。日ロ交流協会 顧問、副会長など歴任。

主な著訳書
『最後のロシア皇帝』ちくま書房(新書)1998年
『コサックのロシア』中央公論新社 2000年
『チェチェン大戦争の真実』日新報道 2004年
『キャラバン・サライのロシア(上・下巻)』
東洋書店 2008年
「ロシアを動かした秘密結社』彩流社 2014年
「諜報の現代史』彩流社 2015年
『カーター回顧録』(上・下巻)共訳
日本放送出版協会 1982年
『新・ロシア人』(上・下巻)共訳
日本放送出版協会