名を捨てた家族



著訳者名ジュール・ヴェルヌ 著 /大矢タカヤス 訳
副題1837 — 38 年 ケベックの叛乱
書名ヨミナヲステタカゾク
仕様/ページ数四六判/上製/368ページ
定価2,800円+税
ISBN978-4-7791-2272-9
出版年月日2016/11/10


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

秘められた過去、揺るぎなき信念、闘い、逃避行、恋、裏切り……SFの先駆者ジュール・ヴェルヌの知られざる歴史小説! 19世紀前半カナダ、虐げられたフランス系住民の闘いと誇りを描く異色作!!

著者プロフィール

ジュール・ヴェルヌ (著)
Jules Verne, 1828 – 1905.
フランスの小説家。
『海底二万海里』『月世界旅行』『八十日間世界一周』
『神秘の島』『十五少年漂流記』など、
冒険小説、SF小説で知られ、SFの父とも呼ばれる。

大矢 タカヤス(オオヤ タカヤス) (訳)
東京学芸大学名誉教授。
著書に『地図から消えた国、アカディの記憶―
『エヴァンジェリンヌ』とアカディアンの歴史』他、
訳書にデュマ『モンテ= クリスト伯爵』、
バルザック『オノリーヌ』、A・マイエ『荷車のペラジー』他、
監修にコーラル・アン・ハウエルズ、
エヴァ=マリー・クローラー 編『ケンブリッジ版 カナダ文学史』
(日本語版監修:堤 稔子・佐藤 アヤ子と共に)
など多数。