世界とつながるハプスブルク帝国



著訳者名大井知範 著
副題海軍・科学・植民地主義の連動
書名ヨミセカイトツナガルハプスブルクテイコク
仕様/ページ数A5判/上製/311ページ
定価3,700円+税
ISBN978-4-7791-2265-1
出版年月日2016/10/14


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

ハプスブルク帝国のイメージは、内陸部に広大な領土を有し、多様な民族を統治する「大陸帝国」の姿だ。だが実際は海外世界へアクセスするための海軍と科学を自前で有し、世界へ学術調査という特異な“進出”を展開していた。

目次

序 章

第1章 世界遠征の開始
  第1節 海軍の建設と世界遠征
  第2節 オーストリアとプロイセンの世界遠征
  第3節 世論の反響とドイツ統一問題

第2章 植民地獲得政策──世界遠征から拠点植民地構想へ
  第1節 ノヴァラ号遠征と植民地獲得計画
  第2節 ヴュラーシュトルフの東アジア進出構想

第3章 言説とイデオロギー──ノヴァラ号遠征と「植民地なき植民地主義」
  第1節 ハプスブルク帝国の「植民地主義」?
  第2節 ニコバル諸島滞在と遠征記の言説
  第3節 言説の連鎖と植民地プロパガンダ
  第4節 太平洋島嶼をめぐる植民地主義言説
  第5節 マオリから見た「植民地なき植民地主義」

第4章 科学──ノヴァラ号遠征と西洋科学
  第1節 オーストリア科学界の変容と海外遠征
  第2節 西洋科学のなかのオーストリア
  第3節 西洋科学と「植民地なき植民地主義」
  第4節 人類学調査と人種イデオロギーの大衆化

第5章 アジア太平洋──ノヴァラ号遠征以後の海外世界とのつながり
  第1節 太平洋のオーストリア人科学者
  第2節 太平洋のハプスブルク帝国海軍
  第3節 東アジア世界とのつながり

第6章 海軍の展開── 20 世紀初頭の東アジア常駐海軍
  第1節 東アジア・ステーション体制
  第2節 保護任務の限界と打開策
  第3節 儀礼と「ショー・ザ・フェイス」
  第4節 「ショー・ザ・バンド」

終 章

著者プロフィール

大井 知範(オオイ トモノリ)
明治大学、鳥取大学非常勤講師。1977 年生まれ。
明治大学学院博士後期課程修了、明治大学政治経済学部助教、
ベルリン自由大学客員研究員を経て現職。博士(政治学)。
共著『ドイツ史と戦争
──「軍事史」と「戦争史」』彩流社(2011 年)。論文多数。