15歳の被爆者



著訳者名狩野 美智子 著 /切通 理作 著
副題歴史を消さないために
書名ヨミジュウゴサイノヒバクシャ
仕様/ページ数四六判/並製/311ページ
定価2,500円+税
ISBN978-4-7791-2258-3
出版年月日2016/8/5


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

長崎の原爆投下のとき、爆心地からわずか1.2kmで被爆した15歳の少女。戦前・戦争中の暮らしから戦後民主主義の時代、再軍備の現在までを戦後70年目に語る。

目次

被爆100年を迎える中学生・高校生の皆さんへ

まえがき (切通理作)

第一章 原爆の日
第二章 育った頃 戦前、戦中の暮らしと学校
第三章 空襲の日々 戦時下の生活
第四章 敗戦の頃
第五章 民主主義の時代
第六章 教育と学校
第七章 再軍備と民主主義の行く末
第八章 女性として生きる
第九章 老いと生活
第十章 被爆、そして原発に関する事

あとがき (狩野美智子)

著者プロフィール

狩野 美智子(カノウ ミチコ)
◉1929年東京生まれ。
東京大空襲をはじめ東京で毎日のように空襲を体験、
その後長崎で学徒動員で働いていた工場で
爆心地から1.2km地点で被爆。慶應義塾大学史学科西洋史卒業。
都内の定時制高校などで社会科教諭として28年教鞭をとり、
のち文筆家・翻訳家。
主著『バスク物語』『バスクとスペイン内戦』(ともに彩流社)、
『沖縄を学ぶ』(吾妻書房)、『野上弥生子とその時代』
(ゆまに書房)。共著『広島・長崎から―戦後民主主義を語る』
(彩流社)、『スペイン賛歌』(春秋社)他。

切通 理作(キリドオシ リサク)
◉1964年東京生まれ。和光大学人文学部文学科卒業。
「民族差別論」を学ぶ。編集者を経て文筆業。
映画、コミック、音楽、文学、社会問題を
クロスオーバーした批評活動を行なう。
『宮崎駿の〈世界〉』で2001年サントリー学芸賞受賞。
主著『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』
『本多猪四郎 無冠の巨匠』(ともに洋泉社)、
『山田洋次の〈世界〉』(ちくま新書)、
『お前がセカイを殺したいなら』(フィルムアート社)、
『ある朝、セカイは死んでいた』(文藝春秋)他多数。