奥琵琶湖「観音の里」の歴史



著訳者名大東俊一 著
副題近江・湖北の精神風土
書名ヨミオクビワコカンノンノサトノレキシ
仕様/ページ数四六判/上製/125ページ
定価2,000円+税
ISBN978-4-7791-2257-6
出版年月日2016/9/26


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

なぜ湖北地方(滋賀県北東部)には優れた観音像が多く残っているのか──「観音の里」がどのように形成されたのか、大陸の先進文化、在来信仰、仏教文化や山岳信仰、春を告げる行事等から検討し、湖北の精神風土の特質を探る。

目次

第一章 天日槍と渡来人
 一 湖北の黎明期
 二 天日槍
 三 湖北における天日槍
第二章 湖北の古代氏族と信仰世界
 一 湖北の古代氏族
 二 古代氏族と式内社
 三 式内社と古墳
 四 自然崇拝
第三章 仏教文化と山岳宗教
 一 仏教伝来
 二 古墳から寺院へ
 三 山岳信仰(一):伊吹山
 四 山岳信仰(二):己高山
第四章 「観音の里」の成り立ち
 一 山を下りた仏像たち
 二 村人に守られる仏たち
 三 村の成り立ち
 四 霊場巡り
第五章 湖北のオコナイ
 一 オコナイの源流
 二 オコナイの特質
 三 オコナイにおける神と仏

著者プロフィール

大東 俊一(ダイトウ シュンイチ)
人間総合科学大学大学院教授。専門:比較思想・比較文学、日本思想史。
【著書】
『ラフカディオ・ハーンの思想と文学』(彩流社、2004)、
『日本人の他界観の構造』(彩流社、2009)、
『日本人の聖地のかたち──熊野・京都・東北』(彩流社、2014)ほか。