シベリア抑留 絵画が記録した命と尊厳



著訳者名勇崎作衛 絵 /石黒謙吾 構成
副題
書名ヨミシベリアヨクリュウカイガガキロクシタイノチトソンゲン
仕様/ページ数A5判/並製/144ページ
定価2,300円+税
ISBN978-4-7791-2250-7
出版年月日2016/7/27


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

戦後、ソ連軍の捕虜となって極寒の地で過酷な労働を強いられ60万人もの日本人が連行された歴史。胸に突き刺さるような87枚の油絵と体験記で体験者が次の世代に伝えるメッセージとは。オールカラー!

著者プロフィール

勇崎 作衛(ユウザキ サクエイ) (絵)
◉シベリア抑留者で画家。1923年富山県生まれ。
22歳で満州で捕虜となり、3年間の収容所暮らしを送り
引き揚げ。復員後は、東京で家具商を営みながら、
記憶を頼りにシベリアの体験をスケッチで再現していった。
65歳からは油絵を始め、その後20年近くにわたり
シベリア抑留体験の作品を描き続ける。
全国各地で展覧会を
行い、本書に掲載した87枚の作品群やスケッチを発表。
2005年秋には「NNNドキュメント」で「八十八枚のシベリア」
として放送され話題を呼んだ。
2011年死去。

石黒 謙吾(イシグロ ケンゴ) (構成)
◉著述家。1961年金沢市生まれ。叔父がシベリア抑留体験者。
映画化された『盲導犬クイールの一生』(文藝春秋)をはじめ、
『2択思考』(マガジンハウス)、
『分類脳で地アタマが良くなる』(KADOKAWA)、
『7つの動詞で自分を動かす』(実業之日本社)、
短編集 『犬がいたから』(集英社)など著書多数。
編集者としても『日本は、』(G・D グリーンバーグ/彩流社)、
『ナガオカケンメイの考え』(ナガオカケンメイ/新潮社)、
『読む餃子』(パラダイス山元/新潮社)など、
手がけた書籍は200冊以上。