孫文を助けた山田良政兄弟を巡る旅



著訳者名岡井禮子 著
副題
書名ヨミソンブンヲタスケタヤマダヨシマサヲメグルタビ
仕様/ページ数A5判/並製/132ページ
定価1,800円+税
ISBN978-4-7791-2248-4
出版年月日2016/8/16


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

孫文による新中国の誕生の蔭には、多くの血が流され、日本人の支援者がいた。恵州蜂起の“戦場”で33歳の命を捧げた山田良政がおり、その後も孫文を支え続けた弟・純三郎がいた。この兄弟の事跡を訪ねる“鎮魂と友好”の紀行本。

目次

一 恵州
 1 恵州蜂起
 2 蜂起の舞台──皇思揚
 3 恵州・三田祝
 4 庚子首義彫塑公園
 5 深圳歴史博物館
 6 山田良政の最期、孫文と良政
 7 孫文の恵州蜂起

二 ゆかりの地
 1 神戸──孫文記念館
 2 横浜──総持寺
 3 東京──全生庵
 4 東京──染井墓地、陸羯南

三 故郷 弘前
 1 山田良政・純三郎の母校、東奥義塾高校
 2 山田家の菩提寺、貞昌寺
 3 城下町 弘前

四 山田兄弟
 1 山田良政の生い立ち
 2 良政の妻、とし
 3 弟、純三郎

五 山田良政を悼む
 1 孫文
 2 宮崎滔天
 3 平山周
 4 平岡浩太郎

あとがき

関連年表
参考資料

著者プロフィール

岡井 禮子(オカイ レイコ)
1933年 京都で生まれる。
1956年 東京外国語大学中国語科卒。
卒業後 都立東高等学校に勤務、中国語・英語講師を
務める。
著書 『日本で生きぬく中国帰国生』中国帰国者の会出版、
『愛しきクリヘ』耀書房。
現在 中国語教育学会名誉会員、宋慶齢基金会会員。

岡井 禮子の作品