アメリカ帝国の胎動



著訳者名イリジャ・H・グールド 著 /森 丈夫 監訳、他
副題ヨーロッパ国際秩序とアメリカの独立
書名ヨミアメリカテイコクノタイドウ
仕様/ページ数A5判/上製/394ページ
定価3,800円+税
ISBN978-4-7791-2241-5
出版年月日2016/6/10


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

アメリカはどのような世界に生まれ、どのような世界を生み出したか。独立のプロセスをたどる歴史書。独立と建国とは「野蛮」と位置づけられた米国が「文明」を自負する「ヨーロッパ国際社会」の一員となるための苦闘であった。

[原書] Among the Powers of the Earth

  : The American Revolution and the Making of a New World Empire

目次

【主な目次】

訳者まえがき
日本語版序文
序 諸国家の中の国家
●第一章 ヨーロッパの辺境(On the Margins Nations)
 第一節 ヨーロッパ国際条約の「共和国」
 第二節 辺境の民を統治する苦悩
 第三節 七年戦争――アメリカとヨーロッパの一体化の開始
●第二章 奴隷制の法(The Law of Slavery)
 第一節 アメリカの自由と奴隷制
 第二節 奴隷制の普遍性
 第三節 奴隷制を巡る国際法秩序の確立
●第三章 パックスブリタニカ(Pax Britanica)
 第一節 平和を希求する海の改革
 第二節 北米に平和を
 第三節 想像の帝国
●第四章 独立(Independdence)
 第一節 独立のための戦いという困難
 第二節 「地上の列強」のなかで
 第三節 合衆国憲法が切り開いた道
 第四節 「国際条約に値する国」になること
●第五章 奴隷所有共和国(A Slaveholding Republic)
 第一節 奴隷制を巡る地理的な法秩序の変容
 第二節 奴隷制を巡る国家主権の確立
 第三節 奴隷所有共和国の確立
●第六章 新世界と旧世界(The New-World and the Old)
 第一節 イギリスの影
 第二節 落日のスペイン帝国
 第三節 文明と野蛮のあいだ
 第四節 アメリカの平和
エピローグ モンロー氏の平和(Mr. Monroe’s Peace)
     解説および訳者あとがき/参考文献/原註/索引

著者プロフィール

イリジャ・H・グールド (著)
Eliga H. Gould.
ニューハンプシャー州立大学歴史学部教授。
初期アメリカ史研究の第一人者。
博士論文に基づいた
最初の著書『帝国の持続(The Persistence of Empire)』
(2000 年)は、オモハンドロ初期アメリカ歴史文化学会
ジェイムズタウン賞を受賞するなど、学会からの高い評価を得た。

森 丈夫(モリ タケオ) (監訳)
所属:福岡大学

松隈 達也(マツクマ タクヤ) (訳)
所属:福岡大学(非常勤)

笠井 俊和(カサイ トシカズ) (訳)
所属:静岡県立大学(非常勤)

石川 敬史(イシカワ タカフミ) (訳)
所属:東京理科大学基礎工学部

朝立 康太郎(アサダチ コウタロウ) (訳)
所属:西南学院大学国際文化学部

田宮 晴彦(タミヤ ハルヒコ) (訳)
所属:独立行政法人水産大学校