ごみとトイレの近代誌



著訳者名山崎達雄 著
副題絵葉書と新聞広告から読み解く
書名ヨミゴミトトイレノキンダイシ
仕様/ページ数A5判/並製/231ページ
定価2,200円+税
ISBN978-4-7791-2235-4
出版年月日2016/7/22


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

近代の到来は便利さの裏で増加したごみの処理に四苦八苦した時代でもあった。京都・大阪・東京・名古屋等で発行されたごみ焼却施設の絵葉書から、処理技術の進歩と、都市の発展によって追われる焼却場の苦闘の歴史を映し出す。

目次

Ⅰ ごみの近代誌
 第1章 歴史史料である絵葉書からごみ処理事情を読み解く
 第2章 ごみ焼却施設が絵葉書になった!(京都市)
 第3章 時代に翻弄されたごみ焼却施設(京都市)
 第4章 木津川塵芥焼却場誕生物語(大阪市)
 第5章 大阪のごみ、堺の大浜海水浴場に漂着
 第6章 都市の名建築に浮かぶごみ船と今宮塵芥焼却場
 第7章 ごみの再資源化をめざして(東京市)
 第8章 屎尿浄化装置を併設したごみ焼却施設(名古屋市)
 第9章 彩色されたごみ焼却施設(一宮市)
 第10章 堆肥、埋立、野焼きからごみ焼却施設の建設へ
 第11章 里山に映えるごみ焼却施設(瀬戸市)

Ⅱ トイレの近代誌
 第1章 女性の立小便
 第2章 有料便所と違式? 違条例、違警罪、警察犯処罰令
 第3章 滑稽新聞が描くトイレの世界
 第4章 新聞広告に登場した水槽便所
 第5章 近代小学校トイレ史/第6章 排便のスタイル
 第7章 活性汚泥法により日本で最初に屎尿を処理した都市は
 第8章 トイレットペーパーの新聞広告と幻のペーパー

著者プロフィール

山崎 達雄(ヤマザキ タツオ)
1948年東京都生まれ、昭和47年に京大卒業後、
京都府に勤務、廃棄物・環境・水道・企画政策等に携わる。
2008年、京都府亀岡市副市長に就任。
大正期のトイレットペーパーをはじめ、
集めた絵葉書・古文書・ポスタ-等は1000点以上。
これらを駆使して、京都を中心に、
ごみ、屎尿、トイレの歴史を解き明かす異色の元行政マン。
主著:『洛中塵捨場今昔』(臨川 書店)、
共著『トイレ考・屎尿考』、『もっと知りたい水の都・京都』他。
2004~05・2013年度、龍谷大学非常勤講師。