ギリシア神話の森



著訳者名丹羽 隆子 著
副題古代美術が彩る世界
書名ヨミギリシアシンワノモリ
仕様/ページ数A5判/並製/240ページ
定価2,700円+税
ISBN978-4-7791-2231-6
出版年月日2016/5/23


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する

ギリシア神話の生成、世界の創造と神々の誕生、その愛と悲劇の物語、英雄たちの冒険、トロイア戦争、オデュッセウスなど、魅力あふれるギリシア神話の世界を約150点の図版を使って平易に読み解く“ギリシア神話”案内!

目次

はじめに
第一章 ギリシア神話の生成
第二章 世界の創造
第三章 オリュンポス神界
・オリュンポスの十二神――天空の神・ゼウス
・オリュンポスの十二神――結婚の守護神・ヘラ
・オリュンポスの十二神――知恵の女神・アテナ
・オリュンポスの十二神――光明の神・アポロン
・オリュンポスの十二神――狩猟と月の女神・アルテミス
・オリュンポスの十二神――愛と美の女神・アプロディテ
・オリュンポスの十二神――鍛冶仕事の神・ヘパイストス
・オリュンポスの十二神――戦いの神・アレス
・オリュンポスの十二神――伝令神・ヘルメス
・オリュンポスの十二神――炉の神・ヘスティア
・オリュンポスの十二神――海神・ポセイドン
・オリュンポスの十二神――冥界の神・ハデス
第四章 オリュンポスの十二神に入らない重要な神々
・豊穣と収穫の女神・デメテル
・酒と演劇の神・ディオニュソス
第五章 神々と人間たちの愛の物語
1 エロースとプシュケ
2 オルペウスとエウリュディケ
3 ケユクスとアルキュオネ
4 ピレモンとハバウキス
5 プロクネとピロメラ
6 ピュグマリオンとガラテア
7 ナルキッソスとエコー
第六章 勇者たちの物語
1 イアソンとアルゴ号の冒険
2ペルセウスの冒険
3ベレロポンの冒険
4アテナイの英雄テセウス
5全ギリシアの英雄ヘラクレス
6メレアグロスと女狩人アタランテ
7タンタロスとペロプス
8太陽神ヘリオスの子
第七章 トロイア戦争
第八章 オデュッセウスの漂泊
あとがき

著者プロフィール

丹羽 隆子(ニワ タカコ)
東京海洋大学名誉教授。
専門は英文学、ギリシア古典文学。
主著に
『ギリシア神話 西欧文化の源流へ』、
『ローマ神話西欧文化の源流から』、
『ギリシア神話と英米文化』(共著。いずれも大修館書店)、
『はじめてのギリシア悲劇』(講談社現代新書)、
『ギリシア・ローマ世界における他者』(共著 彩流社)、
『ギリシャ世界からローマへ』(共著 彩流社)など多数。