冷たき地上 



著訳者名不二樹 浩三郎 著 /吉田 郷 編
副題【附】不二樹浩三郎『天の夕顔』を語る
書名ヨミツメタキチジョウ
仕様/ページ数四六判/上製/409ページ
定価3,500円+税
ISBN978-4-7791-2229-3
出版年月日2016/4/25


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

中河与一の代表作の一つ『天の夕顔』のモデルであり、材料の提供者であった不二樹浩三郎。終戦後、中河との確執の中で自ら書き残した未発表原稿を世に問う問題作。朝日新聞記者のインタビューに応えた不二樹の思いも付す。

著者プロフィール

不二樹 浩三郎(フジキ コウザブロウ)
明治30 年大阪生まれ。同志社大学卒業後、
英語教員をしながら、登山に打ち込み、
やがて山での生活を考えるようになり、
各地を転々とした後、奥飛騨山之村に住み着く。
その後東京にもどり、柔道場に通って按摩師となる。
その頃中河与一と会い、召集を控えていた不二樹は、
自分が書こうと温めていた体験を口述する。
『天の夕顔』の材料提供である。
戦後、マッサージ師をしながら私家版を発行する。

吉田 郷