小林秀雄のリアル 



著訳者名佐藤公一 著
副題創造批評の《受胎告知》
書名ヨミコバヤシヒデオノリアル
仕様/ページ数四六判/上製/184ページ
定価2,400円+税
ISBN978-4-7791-2225-5
出版年月日2016/4/8


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

日本近代文学最大の批評家・小林秀雄。四十年ものあいだ小林秀雄に内包する「文学の聖なる火」に取り憑かれた著者が小林の評論のなかに「ひきこもり」「監視社会」などを見出す。現代社会におけるアクチュアルな読み方を提示。

目次

はじめに
第一章 「様々なる意匠」のポテンシャル
第二章 風雲児小林秀雄への大谷崎の逆襲
第三章 ドストエフスキーによる《受胎告知》
第四章 『文學界』の序章
第五章 レオ・シェストフへの固執
第六章 「「罪と罰」について Ⅰ」より始めて
第七章 一九三四年の間奏曲
第八章 創造批評へ向かって

著者プロフィール

佐藤 公一(サトウ コウイチ)
1954 年秋田県生まれ、1977 年早稲田大学教育学部卒業、
1982 年北海道大学大学院文学研究科修士課程修了、
1995 年秋田大学教育学部非常勤講師、現在、文芸批評家。
著書
『講座 昭和文学史 第2 巻』(有精堂 1987 年、分担執筆) 、
『モダニスト伊藤整』(有精堂、1992 年)、
『エクリチュールの横断』(無明舎、1993 年) 、
『小林秀雄の批評芸術』(アーツアンドクラフツ、2013 年)
など多数。

佐藤 公一の作品