福島のお母さん、聞かせて、その小さな声を



著訳者名棚澤明子 著
副題
書名ヨミフクシマノオカアサンキカセテソノチイサナコエヲ
仕様/ページ数四六判/並製/224ページ
定価1,800円+税
ISBN978-4-7791-2221-7
出版年月日2016/3/24


 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

「復興してます、元気ですなんて言ってほしくないです。かといって、もう福島は終わったとも言ってほしくない」…ずっと語れなかったことが今なら少しずつ言葉にできる。それぞれの福島、あの時とその後を聞き取った。

目次

Ⅰ 自然豊かな土地に憧れ、福島での子育てを楽しんでいたお母さん
Ⅱ 福島に帰還し、自ら除染に取り組んだお母さん
Ⅲ 娘2人のみを県外進学という形で避難させたお母さん
Ⅳ 母子避難した先でアイデンティティの喪失に悩んだお母さん
Ⅴ 避難先の京都で、避難者と支援者をつなぐ活動に励むお母さん
Ⅵ 福島市の行政機関で働き続けるお母さん
Ⅶ 避難先の東京で双子を出産した4児のお母さん
Ⅷ 原発から50キロ、川俣町で保養の自主企画に携わるお母さん
Ⅸ 原発賠償京都訴訟原告団を率いるお母さん
Ⅹ 震災での経験を歌に託したシンガー

著者プロフィール

棚澤 明子(タナザワ アキコ)
1973年神奈川県生まれ。
東京女子大学文理学部日本文学科卒業。
映画配給会社、フランス料理スクール勤務、
フランス語翻訳者を経てフリーライターに。
2009年「子鉄&ママ鉄の電車ウオッチングガイド・東京版」、
2011年「子鉄&ママ鉄の電車お出かけガイド・関東版」
(ともに枻出版社)出版。
読売新聞(都民版)にて親子で楽しむ鉄道をテーマに
「ママ鉄の電車ウオッチ」を連載中。
食やスポーツなどの分野でも、インタビュー記事を
多数手がける。2人の男の子の母親。

棚澤 明子の作品