戦後日中関係と同窓会

 

著訳者名 佐藤 量 著
副題  
書名ヨミ センゴニッチュウカンケイトドウソウカイ
仕様/ページ数 A5判/上製/228ページ
定価 3,600円+税
ISBN 978-4-7791-2206-4
出版年月日 2016/2/29
 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

戦前中国にあった日本人学校を卒業した中国人と日本人。彼らは同窓生として同じ教室で学び、同じ寮で生活した。この人間関係はどのようなものだったのだろうか。戦前戦後にかけての生活史をポストコロニアルな問題意識で描く。

目次

序章
Ⅰ章 日本人学校の中国人エリートたち(1930 ~ 1940 年代)
Ⅱ章 日本人の引揚げと中国人同窓生
Ⅲ章 日中民間貿易と同窓会ネットワーク(1950 ~ 1960 年代)
Ⅳ章 日中国交回復(1970 ~ 1980 年代)
Ⅴ章 植民地経験の記憶と忘却(1980 ~ 2000 年代)

著者プロフィール

佐藤 量(サトウ リョウ)
立命館大学・京都文教大学講師
立命館大学大学院先端総合学術研究科修了:博士(学術)
専門分野:歴史人類学・社会学、日本植民地研究、オーラルヒストリー研究

主要論文に、「1950年代中国の近代化と対日協力者――
旅順工科大学出身中国人同窓会を事例に」(『ソシオロジ』、第56巻2号、2011年)、
著書に、「大連における日本人学校への「留学」――中国人の日本留学をめぐる多様性」
(マイグレーション研究会編『1930年代における来日留学生の体験』、不二出版、2012年)
などがある。