ショーロはこうして誕生した

著訳者名 A・G・ピント 著 /貝塚正美 訳
副題 忘れられたリオのショローンたち
書名ヨミ ショーロハコウシテタンジョウシタ
仕様/ページ数 四六判/並製/311ページ
定価 2,800円+税
ISBN 978-4-7791-2167-8
出版年月日 2015/12/11
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する

 

ブラジル・ポピュラー音楽の原点を記す名著。約40年に亘る活動の覚書。仲間たちの活動範囲は中央駅を中心とした半径2キロ。旧市街地に暮らす彼らの様子が活写される。王制末期から共和制を経て「ラジオの時代」までが詳細に描かれる。

【在庫僅少 ※お問い合わせ下さい】

訳者プロフィール

貝塚正美(カイヅカ マサミ)
1954年、愛知県犬山市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
日本企業の駐在員としてブラジルやハワイに20年ほど暮らす。
2010年ショーロ専門サイトを開設し、2012年よりFMらら(岐阜県可児市)でラジオ番組「オーラ・デ・ショーロ」の企画構成兼パーソナリティを担当。
2014年「ブラジル・インストルメンタル・ミュージック・ディスクガイド」(ウィリー・ヲゥーパー氏監修 DU BOOKS)の内ショーロアルバム32枚の解説を執筆。