聖シュテファン寺院の鐘の音は

 

著訳者名

荒巻義雄 著 /巽孝之 編、他

 

副題  
書名ヨミ セイシュテファンジインノカネノネハ
仕様/ページ数 四六判/上製/492ページ
定価 3,200円+税
ISBN 978-4-7791-2102-9
出版年月日 2014/12/12
 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する
 Amazonで電子書籍を購入する
 楽天koboで電子書籍を購入する

 

『白き日旅立てば不死』の14年後の世界を描いた続編。異界を彷徨う主人公が、マニエリスム色の強い精神世界内で見たものとは? 「ある晴れた日のウィーンは森の中にたたずむ」「エリートの文学SF」を併録。【解説】高山宏、新戸雅章

著者プロフィール

荒巻義雄(アラマキ ヨシオ) (著)
1933年小樽市生まれ。早稲田大学で心理学、北海学大学で土木・建築学を修める。
日本SFの第一世代の主力作家の一人。
戦争シュミレーション小説『旭日の艦隊』『紺碧の艦隊』シリーズは
空前のベストセラーに。現在も札幌で作家活動を意欲的に続けている。

編者プロフィール

巽孝之(タツミ タカユキ) (編)
慶應義塾大学教授。 SF評論家。荒巻作品に文学理論上の多大な影響を与える。

三浦祐嗣(ミウラ ユウジ) (編)
SF研究家、元北海道新聞文化部長。イスカーチェリSFクラブ元会長。
「荒巻義雄の世界」展実行委員。