ベラルーシ

 

著訳者名 早坂眞理 著
副題 境界領域の歴史学
書名ヨミ ベラルーシ
仕様/ページ数 A5判/上製/469ページ
定価 4,800円+税
ISBN 978-4-7791-1913-2
出版年月日 2013/7/1
 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する

宗教世界の変転。ルーシとリトアニア大公国、ポーランド分割時代、帝政ロシア、ソ連時代。明確な自己統治機構を持たずに歩んだベラルーシの複雑な歴史。「境界領域」の問題性やナショナリズムの跛行性の姿を史学思想史的に考察。

目次

序章:ベラルーシの発見
第一章:ベラルーシとは何か
第二章:ベラルーシ国民史学の確立へ
第三章:ベラルーシ史学の始原
第四章:ベラルーシのルネサンス──活版印刷と法文化
第五章 ポドラシエ地方──二つの歴史小説
第六章:合同教会の歴史
第七章:民族復興──ポーランド第二共和政とソヴィエト政権の狭間
第八章 ソ連史の暗部
終 章 歴史の重荷に堪えて

著者プロフィール

早坂眞理(ハヤサカマコト)
東京工業大学教授
【著書】
『イスタンブル東方機関』(筑摩書房)
『ウクライナ』(リブロポート)
『革命独裁の史的研究』(多賀出版)
【翻訳】
『憐れみと縛り首』(平凡社)
『スラヴ世界』(彩流社)

 

《上記内容は刊行情報登録時のものです》