見えない流れ

 

著訳者名 エムナ・ベルハージ・ヤヒヤ 著 /青柳悦子 訳
副題  
書名ヨミ ミエナイナガレ
仕様/ページ数 四六判/上製/256ページ
定価 2,200円+税
ISBN 978-4-7791-1648-3
出版年月日 2011/9/2
 彩流社オンラインショップで書籍を購入する
 Amazonで書籍を購入する
 楽天ブックスで書籍を購入する
 オムニ7で書籍を購入する
 ローチケHMVで書籍を購入する

 

北アフリカの国チュニジアの首都チュニス。兄ヤーシーンと妹アーイダの「ありふれた日常」と恋――

人びとの生活や街角の光景のモザイクが輝きを放ち、地理的にも文化的にも遠く隔たった国を舞台に浮かびあがる人の普遍性が共感を呼ぶ小説。

[原書]L’Étage Invisible

目次

ボール玉とこぶ
杉綾模様
ヤヌス
方向転換
空想
敷石の下の虚空
昔のしかめ面
デレンダ

運転手と電話交換手
地形図

コイン
炭で書かれた言葉
製法
守護聖人
白い四角
海の衣装
チュニジア女性

移動
建築
ソルターナの孫たち
ソクラテスとサッカーとヘアカーラー
斜めの光

著者プロフィール

エムナ・ベルハージ・ヤヒヤ 著
Emna Belhaj Yahia.
1945年、チュニス生まれ。
ソルボンヌ大学・大学院で哲学を専攻。哲学教師などを経て、
権威ある公的文化機関であるチュニジアン・アカデミー
(「知識の館」)館長を務める(2005年退職)。

青柳悦子(アオヤギエツコ) 訳
筑波大学人文社会科学研究科教授(文芸・言語専攻)
著書に『デリダで読む『千夜一夜』』(2009)
『あらすじと読みどころで味わう世界の長編文学』(共著、2006)
『文学理論のプラクティス』(共著、2001)(以上、新曜社)、
『バフチンを読む』(共著、1997、NHKブックス)など。
訳書に
マリナ・ヤゲーロ『言葉の国のアリス――あなたにもわかる言語学』
(1997、夏目書房。渋沢・クローデル賞受賞)など。